兵庫県宝塚市にある割烹店。徹底的にしめ鯖を理解しよう! .

 
「鯛の子」や「助子」を煮ましょう!
【 一腹の鯛の子 】

2つがくっついて売られている「鯛の子」を
切り離します。



【 横にして切る 】

一口サイズより、やや小さ目に切る






【 裏返す 】

皮目を内側になるように、ひっくり返します。

端の部分は、「ニット帽」を、裏返すように!







【 裏返す 】

皮目を内側になるように、ひっくり返します。

中央の部分は、「リストバンド」を、裏返すように!
【 なんで、こんな事をするの? 】

皮目には、血管があるので、見た目がよろしくない。
なので、裏返しましょう。
すると、花が咲いたように美しく仕上がるし、
皮の硬さも、気にならなくなります。
更に、舌触りも良くなります!
【 煮る1】

鰹と昆布の出汁に、生姜のスライスを入れて、
火に掛けます。
【 煮る2】

たっぷりの出汁が煮立ったところへ、
裏返した鯛の子を、
静かに優しく入れて行きます。
ボコボコと沸騰させないように、火力に気を付けます。
10分間 煮て火を止めて、自然に冷ましたら出来上がり!